科学的根拠

グリーンコードでは、科学的根拠をとても重視しています。

グリーンコードでは、より正しい情報の提供につとめています。

病気の予防や

リスク削減に関する論文

世界中のリスク削減や予防効果に関する論文を網羅的にレビューしています。評価している論文はおおよそ2,700報で、そのうち約550項目の信頼できる論文を参照して掲載しています。

病気の罹患リスクと

遺伝子に関する論文

遺伝子検査での罹患リスクを相対リスクで示すため、人の遺伝子を網羅的に解析して、疾患とのかかりやすさを調べる研究(GWAS:Genome Wide Association Study)を中心に科学的根拠のある論文を根拠としています。世界全体で約3,000報の論文が報告されており、そのうち日本人もしくは東アジア人を対象とした研究で、かつ一定の基準を満たす約350項目を採用しています。