検索

眠りの質とパーキンソン病


台湾で行われた前向きコホート研究です。睡眠時無呼吸症候群を有する成人患者91,273人が対象です。3ヶ月以上続く慢性不眠症の群は、そうでない群よりも、パーキンソン病になるリスクが1.37倍高いことがわかりました。

J Sleep Res. 2017 Oct;26(5):623-628.

パーキンソン病は、グリーンコード遺伝子検査でリスク判定できる疾患です。

#眠り #パーキンソン病