検索

個人としてがんの予防対策はいつから行うの?

武藤倫弘


統計データで言うと、国民の半分ががんに罹患します。



これは、ほぼどのような方にも家族や親戚の中にがん患者がいる、またはいた、という状況を示しています。この様な状況では自分自身もがんになるかもしれないと思っている人は多いと思います。残念なことに、多くのがんの治療法が生み出されているにも関わらず、我が国のがんによる死亡数自体は未だ増加しています。また、がんの大きなリスク因子は加齢であることを考えると、国民の長寿化はがんによる死亡数の増加に拍車をかけており、それにともない医療費も増大しています。実感させる身近な例で言うと、様々ながん保険サービスが民間企業から多く提案されていることでしょう。これは、がん医療が高額となる可能性があることを示唆している例です。「長く元気で生きたい」と考えている方にとって、がんにかからないための対策はどの年齢の方であっても、今正に考えるべき課題でしょう。(注:エッセイは筆者の個人的考えを述べたものであり、所属組織の正式な見解ではないことを申し添えておきます。)


国立がん研究センター 社会と健康研究センター 予防研究部 室長


#がん予防